紫外線にはどんな種類があるの?

 

「紫外線」というのは、実は複数の光をまとめた総称のようなものです。

 

紫外線と呼ばれるものには、どんな種類があるのでしょうか?

 

紫外線は「太陽光」の一種

 

太陽から出される光の総称を
「太陽光」と言います。
紫外線というのは、

 

この太陽光に含まれる
「光の一種」というわけですね。

 

ちなみに太陽光は、地表に降りそそぐものとしては、紫外線の他に、太陽の光ならではの明るさを演出する「可視光線」と、温熱効果があることで知られる「赤外線」が挙げられます。

 

地表に降りそそぐ量の割合としては、
可視光線が52%赤外線が42%、そして紫外線が6%、といったところです。こうして見ると、
紫外線は「降りそそぐ量の割合が少ないわりには、人に対する影響力が大きい」と言えますね。そう、紫外線は数ある太陽光の中でも、かなり強いエネルギーを持つ光なのです。

 

ちなみに、これ以外に「地表にまでは届かないタイプの太陽光」としては、
ガンマ線や宇宙線・X線などがあります。

 

紫外線には3種類ある!

 

さて、太陽光の中で地表に降りそそぐのは
「可視光線」「赤外線」そして「紫外線」となりますが、
厳密に言うと、紫外線の中でも、
地表には届かないものがあります。

 

それは、紫外線C波。
実は紫外線はA波とB波だけでなく、
C波も含めて3種類あるのです。

 

現在、紫外線というとA波とB波ばかりが知られていますが、それは「3種類の紫外線の中で、地表に届くのがこの2つだけだから」というのが大きいですね。

 

C波はオゾン層に完全吸収されるので、
今のところ、私たちが生活の中でその対策を意識する必要がないんですよ。

 

ですからここでの「紫外線対策」も、紫外線A波とB波の対策についてのお話である、
ということを理解しておいて下さいね。

 

ページの先頭へ戻る