サンスクリーン剤を落とす際のポイント

 

サンスクリーン剤は紫外線の害から肌を守ってくれる頼もしい味方ではありますが、
夜になれば「肌にとっての異物」でしかありません。

 

けっして、「まる一日、ずっとつけっぱなしにしておいていいもの」ではないのです。

 

紫外線に対抗できる健康的な肌を作るためにも、
毎日、入浴時にはきちんとサンスクリーン剤を落として、すっきりきれいな肌で眠ることが大切ですよ。

 

サンスクリーン剤はクレンジングで浮かせよう!

 

 

サンスクリーン剤の多くは、
石けんや洗顔フォームだけではきれいに落ちません

 

クレンジングが不要な洗顔料は、
パッケージ等に「石けんで落ちる」「クレンジング不要」
などという趣旨の記述があるものだけですよ。

 

ですから、「石けんで落ちる」
などという記述のあるサンスクリーン剤を使っていないのであれば、たとえメイクをしていなくても、きちんとクレンジング剤を使ってサンスクリーン剤を浮かせ、

 

洗顔料で落とすというダブル洗顔が必要なのです。

 

クレンジング剤は
刺激の強い拭き取りタイプや、皮脂までごっそり奪ってしまうオイルタイプは避けて、
クリームタイプやジェルタイプのものを選ぶようにしましょう

 

肌に無理にクレンジング剤をすりこんだりせず、
クルクルとらせん状になじませるようにするのがポイントです。

 

あと、顔だけではなく「日焼け止めをつけたすべての部分」
にクレンジングをすることを忘れないで下さいね。

 

洗顔時のポイント

クレンジング剤でサンスクリーン剤を浮かせたら、あとは洗顔料などで洗い落とすわけですが、
この時に決して「ごしごし洗い」をしてはいけません

 

泡に汚れを吸着させるような意識で、「泡を肌の上で小刻みに動かす」というような形で洗顔したほうが、
肌へのダメージはずっと少なくなりますよ。

 

また、肌への刺激を意識するあまり弱酸性の洗顔料を選ぶ人も多いですが、「弱酸性のものは洗浄力が弱いものが多い」
という特性がありますので、

 

「ダブル洗顔してもサンスクリーン剤をきちんと落とせてない気がする」と思った場合は、

 

弱酸性にこだわらず、
さっぱりタイプの洗顔料に変えてみましょう

 

「弱酸性じゃないと、肌にダメージを与えてしまうのでは?」と心配になってしまうかもしれませんが、そもそも洗顔料はすぐに洗い流すものなので、「弱酸性じゃないから肌への刺激が強くなる」という心配はほとんどありません。

 

私たちが普段当たり前のように使っている石けんが強いアルカリ性なのに、それで肌に強い刺激を感じたりすることはほとんどない、ということを考えれば、この理屈が分かるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る