敏感肌の人の紫外線対策

 

敏感肌の人はバリア機能が弱いため、紫外線による悪影響が特に大きくなりがちです。

 

だからこそしっかりとした紫外線対策が必要なのですが、肌が敏感で傷みやすいだけに、
「肌に負担が大きくかかる紫外線対策をするわけにもいかない」
という事情もある、というのが困りものです。

 

敏感肌の人は、どんな紫外線対策をするべきなのでしょうか?

 

敏感肌の人のためのサンスクリーン剤選び

敏感肌の人は、

 

一般的なサンスクリーン剤に使われている
「紫外線吸収剤」を避ける
ようにしたほうがいいでしょう。

 

なぜなら、紫外線吸収剤は紫外線を吸収した時に化学反応を起こす特性を持っており、この化学反応が肌への刺激になる可能性があるからです。

 

紫外線吸収剤を使っていないサンスクリーン剤は、
パッケージ等に「紫外線吸収剤不使用」または
「ノンケミカル」といった表記がありますので、
それを見て買うことをおすすめします。

 

また、サンスクリーン剤の成分の種類についても、
「使われている成分の種類が少なくシンプルなもの」を選んだほうがいいでしょう。

 

なぜなら、使われている成分が多ければ多いほど、その中にアレルゲンとなる成分、
肌荒れを起こす成分が含まれている可能性が高くなるからです。

 

赤ちゃん用のサンスクリーン剤だと結構シンプルな処方のものが多いので、
それを使うのもいい手だと思いますよ。

 

あと「ウォータープルーフ加工」のサンスクリーン剤は選ばないということも大切なポイントです。ウォータープルーフ加工のサンスクリーン剤は洗顔時でも落ちにくいので、成分の洗い残しが出る可能性がきわめて高いのです。古い成分の洗い残しが出れば出るほど、これも肌の負担となってしまいます。

 

敏感肌の人のためのサプリメント

敏感肌の人の、
肌そのものの問題点というのは、

 

「寝ている間に肌がターンオーバーするものの、生まれ変わってくる角質が未熟な状態になっている」という点ですね。

 

つまり、肌の生まれ変わりのメカニズムに軽いエラーが起きているのです。

 

これをサポートするために、
「寝る前に美肌のためのサプリメントを摂取する」というのもなかなか効果的ですよ。

 

おすすめのサプリメントは、マルチビタミンヒアルロン酸、そしてコラーゲン
これらの成分をまとめた美容ドリンクがあれば、それを飲むのもおすすめです。

 

寝る前に摂取した美容成分が、睡眠中の新陳代謝にしっかり生かされるので、とても効率がいいというわけですね。寝ている間はトイレにも行かないので、「せっかく体に入れた成分が体外に排出される」ということがないのです。

 

ただし、美容ドリンクの中にはカフェイン配合のものもありますので、その点は注意して下さい。カフェイン配合のドリンクを寝る前に飲むと、寝つきを悪くしたり睡眠の質を低下させてしまう恐れがありますよ。

 

ページの先頭へ戻る